亚博足彩APP

京都マラソン2019

jingdouマラソン2019は2yue17riにzhongleしました。たくさんのyingyuanありがとうございました。

京都マラソン2019

jingdouマラソンは2012nianのdi1huiより、dongribendazhenzaiのfuxingzhiyuan、さらにはbeizaidiとのlianxie・jiaoliuにxiangけたyang々なquりzuみをxingっています。また、huanjingxianjindoushi・jingdouでkaiかれるマラソンにxiangyingしく、huanjingにpeilvしたyang々なquりzuみもxingっています。オムロンはこのjingdouマラソンのコンセプトにzantongし、di1huidahuiからshehui/diyuコミュニティprhuodongのyihuanとして、jingdouマラソンへxiezanしています。

ワコールコラボ企画!自分の限界にチャレンジする人を応援します

京都マラソンゴールドパートナーのオムロンとワコールではコラボ企画としてランナー応援ポスターを作成し、西大路駅、鳴滝駅など京都各所に掲載!
オムロンは「健」「挑」「楽」「叶」「初」の5テーマで、様々な目標をかかげてチャレンジする141名の社員にエールを送ります。
また、京都マラソン当日には、コース上や救護所に設置するAEDの提供を通じて、全てのランナーが安心して走れる安全な大会運営をサポートしています。

京都マラソン2019 当日の様子

【目標に向かって、自分の限界へチャレンジする】

京都マラソン2019が、2月17日(日)に開催。
オムロンからも多くの社員がランナーとして参加し、それぞれが目標をもって自分の限界にチャレンジしました。
ペア駅伝に職場の仲間と挑戦した下瀬さんと大西さん。
「前半27.7キロ、少しでも余裕を作ってタスキを渡すために自分の力を出し切ります。」(大西)
「数年ぶりに5キロ以上の距離を走るので、まずは完走することを目指します。」(下瀬)
という目標を掲げ、力を合わせて無事に完走を果たすことができました!
完走後には、
「練習を始めたころは、1キロも走り続けられなかったが、オムロングループの仲間からの応援が大会当日までの身体作りをするうえで、とても励みとなりました。大会当日も寒空の中、たくさんのボランティアの方や、沿道の応援から沢山の元気と感動をもらい、普段よりも速いペースで、休むことなく自己ベストで完走できました。早速、4月のハーフマラソンにエントリーしたので継続的に身体作りをしていきます。」(下瀬)
「オムロングループや、ボランティアの方の応援のおかげで疲れている体が軽くなり、応援の力を実感しました。次回はフルマラソンにチャレンジしたいと思います。」(大西)
と、周りからの声援やサポートが励みになり、自身が掲げていた目標は達成できたと語ってくれました。
オムロンは、それぞれの目標をもってチャレンジするひとり一人を応援しています。

過去の京都マラソン

guoquのjingdouマラソンについてごshaojieします。

亚博足彩APPpdfファイルをごlanいただくには、adobe readerがbiyaoです。adobe readerはアドビシステムズzhushihuisheよりwuchangpeibuされています。